Morikawa Laboratory

センサノード向けハードリアルタイムOSおよびマルチコアCPU

センサノード向けハードリアルタイムOSおよびマルチコアCPU image 無線センサネットワークにおいては,高精度なセンシングと低消費電力性とを両立させる必要がある.これに向け,リアルタイムオペレーティングシステム「PAVENET OS」と,無線センサノード用のマルチコアCPU「Mulco」の研究開発を進めている.PAVENET OS では, ハードリアルタイム処理をサポートすることにより,無線通信資源,計算資源,周辺デバイスの稼働時間をきめ細かく制御し,センサノードによる消費電力の削減を実現している.また,Mulco では,無線センサネットワークのタスク解析,メモリ共有方式の検討などを通して,無線通信やセンシングなどの機能ごとに,各コアにタスクを静的に割り当てる方式を開発している.これにより,各コアの動作周波数を下げることによる低消費電力化を実現するとともに,ハードリアルタイム処理の開発の負担を軽減することが可能となる.

PageTop