Morikawa Laboratory

リアルタイムワイヤレス

リアルタイムワイヤレス image 有線ネットワーク敷設にかかる配線コストの高さや場所の制約などから,プロセス・オートメーションやファクトリー・オートメーションの分野において,産業機械ネットワークの無線化の期待が高まりつつある.特に,ファクトリー・オートメーションにおいては,1ms 以下の周期内に数百台のノードと通信を行う必要があり,1ノード当り数十μs 以内に送受信を行う高速性と,周期内に通信を完了させる時間制約を満たすことが求められる.本研究では,ペイロードの短い制御ネットワークにおいてはプリアンブル伝送に要する時間が相対的に大きくなることに着目し,アップリンクにおけるプリアンブルの削減により上記要求の実現を目指している.具体的には,プリアンブルが果たす等化,周波数同期,タイミング同期,位相オフセット補正の各機能を代替する手法の検討を進めており,チャネル等化性能,同期性能の観点から本手法の有効性を検証している.同時に,ソフトウェア無線機上に実装を行い,処理遅延評価および工場環境における伝送性能評価を進めている.

PageTop