Morikawa Laboratory

ホワイトスペースデータベース

ホワイトスペースデータベース image 場所や時間によっては利用されていない割当済みの周波数帯「ホワイトスペース」を別の無線システムが利用することで,高効率な周波数利用が可能となる.ホワイトスペースを利用するためには,任意の周波数・場所・時間における電波利用状況を評価し,既存利用者に干渉を与えないことが必須である.このような観点から,利用可否の問い合わせに即座に回答したり,地図上に電波利用状況を表示したりするホワイトスペース用電波利用情報データベースの構築を進めている.具体的には,多数のスペクトラムセンサを配置して実測データを集める方法と,既存局の無線局情報からシミュレーションで求める方法の両面から検討を進めている.前者においては低コストスペクトラムセンサの開発を進め,後者においては電波干渉量計算を広いエリアで行うための新しい計算アルゴリズムを適用した電波伝搬シミュレータの開発を進めている.

PageTop